戻る


◆2017/10/26◆

○メールフォーム


つかぬことをうかがいますが、ペイントソフトはなにを使ってらっしゃいますか。
たいした話ではないので、気が向いたらお応えくださいませ。

AzPainter2を使用しております。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA033749/
調べてみたらもうサポート終了してるのか……(´・ω・`)



◆2017/09/23◆

太陽フレアとか北朝鮮のミサイルとか色々あったのにまだ死ねないでいる。
あとユニコーン立像公開まだ先だろうなと漠然と思ってたらもう公開したんですか?(情弱)


○メールフォーム

メールフォーム来るの久しぶりすぎてそんなコンテンツあったこと忘れかけてたヨ。

血棺炉神ヴァルヴェスティア(カクヨム版)読ませていただいてます。
初めての戦いが情けないにも程がある説明のされたオモチャでの戦いで、その後に本物どころかその中でも特別な機体での戦いという対比。
警察官だからこそテログループに繋がるような現状。
それなりに擦れてはいても全力全開で右の頬を殴りつけられれば左の頬にニンニク塗りたくった棘付きメリケンサックで殴りつけ返す感じの覚悟は決める意地。
そしてちりばめられた謎。
燃えますし、続きがとても気になります。

それに「ここから世界大戦(?)へ発展する」という大きな引きを最初にぶつけられているので、どう転がって世界大戦に陥るのか非常に楽しみです。

ご高覧ありがとうございます。
世界大戦に至る流れはそれなりに構想しておりますが、そもそもそこまで続けていけるのかを楽しみに、
次回以降もお付き合いいただければ幸いです。



◆2017/08/29◆

・読書感想文『殺意の水音』(大石圭 角川ホラー文庫)

社会の最底辺で暮らす青年が生きていく上で鬱屈を貯め込んでいき、
限界を超えたある日ホテルに泊まった人々を殺していく――そんなストーリーを
主人公の凶行と過去の暗い人生が同時進行していく形式で語る小説。

ネットで感想とか見てみると主人公に感情移入できない層が多くて、
「まあこの環境じゃさもありなん」と同情してしまう身としては
ちょっと悲しい気持ちになりましたが、拙作『ロザリオー』のオルクに
同情してくれた人々ならオルク以上に救いのない主人公に感情移入できるかはともかく、
クライマックスでは主人公を応援する側に回ってくれるんじゃないでしょうか。



◆2017/08/12◆

『カクヨム』にてWeb小説『血棺炉神ヴァルヴェスティア』を公開中です。
何をトチ狂ったかタイトル画像まで作ったりして。
詳しい情報はリンク先をごらんください。
『小説家になろう』に発表したバージョンとはストーリー展開など大きく異なりますので
そちらを既に読んでくださった方も是非どうぞ。



◆2017/08/10◆

花火大会行ってきました。
去年同様気分が悪くなったものの今年は帰りの電車では快復したのが幸いでした。
水分と塩分を摂れと再三いわれていますが、自販機や夜店などで飲み食いすると高確率で
吐き気を催すので結局引きこもるのが1番です。

そんな私がわざわざ遠出してまで花火大会に出かけたのは、
花火を見て美しいと思う感受性がまだ自分に残っているか確認するためでもあったりしますが
去年の20数年ぶりに見た衝撃に比べればそこまで……だったのは
経った1年しか間隔が空いてないからなのか、感受性が尽きかけてるのかどっちなんでしょうね。



◆2017/08/05◆

このページももはや生存報告場所にすらなっていませんが皆様いかがお過ごしでしょうか。

この前、映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』観てきました。面白かったです。
かっぱらいで生計立ててる友達も恋人もいない小汚いオッサンが、
不法投棄されたヤバいドラム缶の中に落ちて超人的な力を手に入れて……というお話です。

力を手に入れたからって急に人類愛とか使命感とかに目覚めたりせず、
まずやることがATM強盗だったりするあたりがリアリティありますね(あるのか?
そんな彼も心を病んだ『鋼鉄ジーグ』マニアと関わる中で少しずつ変わっていきます。

超人的な力に目覚めるとはいっても別に空を飛んだりビームを撃ったりライダーキックしたりは
しないので派手なアクションやSFXは期待しないでおきましょう。

本編では遊園地でのデートシーンが印象的だったのですが、
エンディングで流れるイタリア版鋼鉄ジーグのオープニングの歌詞の和訳が
元の原型残ってないけどストレートにカッコイイ歌詞だったのが感動的でした。


◆2017/07/12◆

今期アニメ番組が始まって行ってますが、アレもコレもとチェックするのが
つい面倒くさくなって1話・2話を見逃し、なんか結局全部どうでもよくなってる感じに枯れてます。

そんな中、特にネタも無いので先期のアニメ感想。

『アリスと蔵六』
まさか誰も死ななかったとは……。

『クロックワーク・プラネット』
もう最後の方何がどうなってるのかサッパリわからない、
反則じみた才能と化物じみたメンタルを持った主人公勢がたぶんかっこいいことを
言ってるのを眺めるアニメでございました。
元々問題を解決しうる地力があるキャラクターが「俺達はあきらめない!」って言っても
うんまあそうだよね君等は、としか思えないわけで燃えないのだ……。
(原作小説だと飛ばされた展開や文章でその辺補完してあるのかもしれませんが)
対立するボスの爺さんの思想には共感できませんでしたが、喧嘩売りたくなるのも
わからなくもなかったです。

『進撃の巨人 Season2』
いいところで終わった。次クールが始まるまで生きてるだろうか。

『フレームアームズガール』
途中まで毒にも薬にもならねえと思いながら見てましたが、
「フレームアームズガール達は好きだけどそれはそれとしてお金が欲しい」という
現実的なレベルで守銭奴な主人公のキャラ造型はいつしか大好きになりました。

『ひなこのーと』
日常系萌えアニメですがやけにセクシャルな部分が強調されててよかったです。
ただやっぱり日常系とはいえ本当にさしたる山場もなく来週も放送するんじゃないの
みたいな感じで終わっちゃうのはどうか、と感じる時点で私は日常系に向いていないのかもしれない。

『終末なにしてますか?(略』
美少女のブラスターテッカマンによる終活何しますか? という話。
小説ならともかく、アニメだとラストのモノローグは過剰装飾だった気がしなくもないです。
あと、スカボローフェアは名曲でしたね!

『正解するカド』
現実の世界が閉塞して見える現在、正直ヤハクイザシュニナが現れたことによって
劇中世界が変革されていく姿が見たかったので、物語がザシュニナとの対立・阻止に収束し、
結局振り出しに戻っちゃうのは残念でした。
まあ「期待していた方向の話にならなかった」なんて文句はナンセンスなんで
(なら自分で作れという話)それはいいのですが、
ザシュニナに対抗するという目的を達成する道具として子供を作ったり
そのために部下に16年も歳取らせたりする主人公達が生理的に受け付けなくて。



◆2017/07/03◆

すっかり1ヶ月ほど更新サボっていたので砂漠谷死亡説が流れていたと思われますが
残念なことに生きてます、まだ。

『小説家になろう』で新作発表して完結したりしてました。
流行(かどうか微妙に疑わしい)の異世界転生物とロボ物の2本です。
もしまだ御覧になっていなければ暇潰しに是非どうぞ。




2017/01|02|03|04|05|06
2016/07|08|09|10|11|12
戻る